ドードルのスプーンフォークは大きい?口コミからメリットデメリットを紹介

子育てグッズ

ドードルのスプーンフォークの口コミでは、「口に入る部分が大きい」というコメントを見かけることがありますよね。

他社の子ども用カトラリーに比べて、ドードルのスプーンフォークは大きいのかどうか、解説します。

結論としては、ドードルのスプーンフォークは他社に比べて大きめの作りです。

スプーンフォークが大きいことに対してどのような口コミがあるのか、メリットデメリットは何なのかを紹介します♪

ドードルのスプーンフォークは大きい?いつからいつまで使える?

ドードルのスプーンフォークは、
一般的な子ども用カトラリーに比べて、口に入れる部分のサイズが大きめとなっています。

その為、赤ちゃんが1歳前後になった頃に購入した人からは「大きくて口に入らない。」という口コミが多いです。

公式メーカーによるとドードルのスプーンの対象年齢は
・ベビー用:6ヶ月〜1歳頃(目安)
・キッズ用:1歳〜5歳頃
となっています。

早くからスプーンに慣れさせたい方はベビー用もおすすめですが、使用期間は短くなるので注意です。

▼ベビー用の素材はプラスチック製▼

▼キッズ用は口に触れる部分がステンレス▼

ドードルのスプーンフォークは大きめ!1歳半ごろからの使用がおすすめ

上記の通り、1歳前後の赤ちゃんの口には大きすぎるという口コミが多いです。

ドードルのパッケージには対象年齢は1歳からと表記されています。

ドードルの公式では「1歳半の使用を想定していますが、お子様の手のサイズや食事に対する意欲など、成長に合わせてご使用開始期間をご検討ください。」とも表記されています。

実際に1歳半頃になってから購入した人からは「使いやすい」という口コミが一気に増えています。

最初はスプーンが大きく感じますが、
大きいからこそ食べ物をしっかりとキャッチして口に運ぶという練習には最適です。

ドードルのスプーンフォークは大きめだから5歳まで使える!

ドードルのスプーンフォークはサイズが大きめなので、1歳前後の赤ちゃんの時は少し大きく感じても、成長した5歳ごろの子どもはストレスなくスムーズに食べ物を口に運ぶことができます。

更に、指先で掴む力を鍛えてスムーズに鉛筆持ちができるようサポートしてくれるので、自然と正しい鉛筆の持ち方ができるように促してくれます。

将来お箸や鉛筆を使う時、変な持ち方にならないか、変な持ち方の癖が直るか心配しているご両親なら、試してみる価値があるでしょう。

ドードルのスプーンフォークの口コミレビュー

ドードルで実現できる5つのこと

①指先の発達。
②自分で食べるのが楽しくなる。
③お箸の美しい持ち方の基礎作り。
④自信をもってナイフとフォークで食べられるようになる。
⑤お食事時間が、楽しい学びの時間に。

とアピールポイントとしてドードルは5つあげています。

その理由は、「本当に子どもが使いやすいデザイン」をテーマに当時双子を含む2歳以下の子供3人を子育て中のママさんと小児作業療法士が人間工学に基づき、製品デザイナーのアドバイスを受けながら3年かけて作り出したカトラリー商品だからです。

では実際に使用している人からはどのような声があがっているのでしょうか。

ドードルのスプーンフォークの悪い口コミ

悪い口コミで圧倒的に多かった評価はやはり、

・スプーンが大きい。

でした。

公式メーカーによるとドードルのスプーンの対象年齢は、「ベビー用:6ヶ月〜1歳頃(目安)」、「キッズ用:1歳〜5歳頃」となっています。

元々の口が大きい子や小さい子、食事の際に開ける口が大きい子や小さい子と様々な赤ちゃんがいるので、赤ちゃんに合わせて購入してみましょう。

中にはベビー用を2歳頃まで使用している子もいますし、5歳を過ぎてもキッズ用を使用している子もいます。
ドードルもベビー用は「〜1歳頃(目安)」と表記していますし、キッズ用は「お子様が使いたがる間は、たとえ5歳を過ぎてもご使用いただいて問題ありません。」と表記しています。
いつからいつまでというカトラリーの使用期間ははっきりとはなく、お子様の成長に合わせるものとしています。

ドードルのスプーンフォークの良い口コミ

ドードルのスプーンフォークは現在世界30カ国以上で販売されていて、国内外で乳幼児製品に関する有名アワードで数々の高評価をうけています。

Doddl製品の革新性や機能性、また製品コンセプトが評価され、「Loved by Parents 賞」「Mother&Baby 賞」「Made For Mom 賞」など、乳幼児製品部門のアワードを数多く受賞しており、1〜5歳の就学前頃までのこどもを持つ両親たちから高い支持を得ています。

その為、先ほどから「スプーンが大きい」という口コミが目立っていますが、もちろん良い口コミもたくさんあります。

①食べるようになった

・本人の食べたいという意欲が湧いた!
・食べる意欲が向上した。
・食べるようになった!

今までスプーンやフォークを上手く扱えず、子どもが癇癪を起こしたり食事が面倒になってしまいあまり食べてくれなかったのに、ドードルを使うようになってから食べる量が増えたと喜びの口コミを書いている人がたくさんいました。

子どものために試行錯誤して料理したご飯を、子どもがいっぱい食べてくれるのが1番嬉しいですよね。

そして、自分で食べることにより、手先の操作技術の向上や一人で食べられたという達成感や自立心の育成だけでなく、食に対する興味が高まることで、偏食軽減、肥満防止など将来の食に関わる問題への対策になります。

②持ちやすい

・スプーンを自分で持ちたがるようになった。
・11ヶ月の赤ちゃんがすぐにフォークで刺して食べられるようになった!
・他のスプーンより自分でとって食べたがるようになった。

スプーンやフォークが上手に持てないからといって、毎回あーんをしてあげるのも大変ですよね。

家の中や外食する際、子どもに食べさせてばかりで、
「自分のを食べようとしたら料理が冷めていた。」、
「先に食べ終わった子どもが遊び始めたり、癇癪を起こしたから、自分のご飯は掻き込むように急いで食べた。」という経験をしたご両親は多いと思います。

お子様が自分で食べてくれると、ご両親も食事に余裕が持てますよね。

ドードルの持ち手は独自のグリップ形状で、手が小さく握力が弱くても持ちやすく扱いやすく、練習不要で直感的に正しい持ち方になるよう計算された設計になっています。

③こぼさない

・今までは口に運ぶ途中でほとんどこぼしていたが、購入してからこぼさなくなった。
・口まで上手に運んで食べました!
・ご飯を食べるのが上手くなった。
・口に運ぶ動作がスムーズになった。

「ご飯を上手にすくえない。」、「途中でこぼしてしまう。」、「口元まで持っていけたのに、スプーンを縦にしたから目の前で全部こぼれた。」、「こぼすから毎回テーブルや服や顔が汚れる。」
自分で食べてくれるのは親として喜ばしいですが、毎回こぼされたらストレスが溜まります。
「ご飯全部食べてくれた!」と思ったら、テーブルやテーブル下やエプロンにほとんどをこぼしていてガッカリした経験をした人もいると思います。

ドードルは持ち手の部分が短く手の中に収まるので、「さす」、「すくう」の動作がスムーズになり、こぼさず口元へ運ぶことができます。

ドードルのスプーンフォークのメリット・デメリット

ドードルのスプーンフォークを使うことで、お子様は自分でこぼさずいっぱい食べてくれます。
更に、将来お箸への移行もスムーズになりますし、正しい鉛筆の持ち方を習得できます。
食事へのストレスもなくなりますし、将来の不安要素もなくなります。

ドードルのスプーンフォークのメリット

・他のスプーンも上手に持てるようになった。
・手づかみ食べをしなくなった。

ドードルを使用して自然と正しい持ち方を身に付けると、お箸や鉛筆だけでなく、
他の子ども用カトラリーや大人用カトラリーへの移行もスムーズになります。

スプーンやフォークの扱いをマスターすれば、手づかみ食べも自然とやらなくなり、食事へのストレスが更に軽減します。

ドードルの開発に携わった子供の発達と発育の専門家をはじめ、海外ではSeif-feeding(自分で食べること)を幼少期の早い段階から行うことを推奨しています。

良い口コミでも説明した通り、自分で食べることにより、手先の操作技術の向上や一人で食べられたという達成感、自立心の育成だけでなく、食に対する興味が高まることで、偏食軽減や肥満防止など将来の食に関わる問題への対策になるからです。

ドードルのスプーンフォークのデメリット

口コミでも大人気で、実際の満足度も高いドードルのスプーンフォークですが、デメリットはやはり価格が高いことです。

ドードルよりも購入しやすい価格で人気のマーカス&マーカスとの比較はこちらから

ドードルのスプーンフォークの口コミまとめ

ドードルのスプーンフォークはこども用製品としての安全基準をクリアしています。(認証番号:EN14372)

更に、乳幼児製品に関する有名アワードで数々の高評価をうけています。
Doddl製品の革新性や機能性、また製品コンセプトが評価され、「Loved by Parents 賞」「Mother&Baby 賞」「Made For Mom 賞」など、乳幼児製品部門のアワードを数多く受賞しており、1〜5歳の就学前頃までのこどもを持つ両親たちから高い支持を得ています。

そして日本でも、楽天ウィークリーランキング第一位獲得(2022年6月27日〜7月3日)や、楽天ショップ・オブ・ザ・マンス(2022年12月度)のベストショップの実績があり、Amazonや楽天で星4.3以上の人気商品となっています。

食事は1日に3回ありますが、毎回ストレスを溜めていてはいつ爆発してもおかしくありませんし、食事中のストレスはお子様から両親まで年齢関係なく悪影響を及ぼします。

この機会にストレスをなくして、親子で楽しく食事してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました