日傘の99.9と100の違いは何?完全遮光でおすすめの折りたたみ日傘を紹介!

日傘

日傘を検索したときに出てくる99.9や100の数字の違いを解説します!

数字の違いの意味や効果、完全遮光のおすすめの日傘をまとめました。

結論からお伝えすると、日傘の性能を説明する時に使われる99.9や100数値は、遮光率やUVカット率などを表しています。

どれも同じように見えてしまいますが、数値の種類や大きさによって日傘の性能がかなり変わってくるんです。

詳しくは本文をご覧ください。

日傘の99.9と100の違いは遮光率とUVカット率の違い

そもそも99.9や100という数字は何を表しているのでしょうか?

これは遮光率やUVカット率の大きさを意味しています。

注意したいのは、遮光率が100%でUVカット率は99.9%、といったように同じ商品で遮光率とUVカット率の数値が違うものがあることです。

しっかりと数値をチェックする必要がありそうですね。

ここからは遮光率とUVカット率それぞれの数値の違いについて詳しく説明します。

日傘の遮光率99.9と100の違い

遮光率とは、可視光線太陽光線や電気の光など)をカットする度合いを意味しています。

この遮光率の大きさは、日傘のコーティングの厚さに加え、生地の種類や日傘の色によって変わってくるのです。

遮光率が高いほど光を通さないため、日傘を差したときに涼しく感じることができるでしょう。

  • 遮光率100%の日傘⇒「1級遮光」
  • 遮光率99.9%の日傘⇒「2級遮光」

この割合の違いは小さく見えますが、実際の効果は大きく変わるんです。

99.9%の遮光率を持つ日傘に蛍光灯や太陽光を当てると裏側からわずかに光が透けて見えます。

一方で遮光率100%などの「1級遮光」の性能を持つ日傘に光を当てても、裏から光が見えることはありません。

このわずかな数値の差で、快適に使える日傘かどうかは大きく変わってきそうですね!

日傘のUVカット率99.9と100の違い

UVカット率とは、紫外線を遮る割合を示す数値です。

この数値が高い日傘を選ぶことで紫外線をしっかりカットし、日焼けやシミを防ぐことにもつながります。

UVカット率も遮光率と同じように、たった0.1の差で大きな効果の違いが出てくることに注意が必要です。

遮光率と同様、UVカット率99.9%の日傘は光がわずかに透けて見えます。

これは光と一緒に紫外線も通しているということ。

太陽光からの紫外線の量は想像を超える大きさで、わずか0.1%でもかなりの紫外線を通してしまうことになります。

日焼け対策・暑さ対策を本格的に始めたい!という人や紫外線アレルギーが気になる、という人はUVカット率100%のものを選ぶと良いでしょう。

日傘は99.9か100かどっちがいい?

ここまで説明した通り、遮光率もUVカット率も100%の日傘の方が光を通さずしっかりと肌を守ってくれます。

ただし99.9%の日傘にもメリットがあるんです。

特徴を比較してみて、どちらが自分に合っているか検討してみてくださいね。

遮光率・UVカット率99.9%と100%の日傘それぞれの特徴やメリットをご紹介します。

日傘の遮光率・UVカット率99.9のメリット

遮光率・UVカット率99.9%の日傘のメリットは、軽量でコンパクトなものが多いという点です。

遮光率・UVカット率100%の日傘は光をカットするために生地に厚みが出るものも多く、持ち運びに不便さを感じることもあります。

肌を守るために必要なのは、毎日欠かさずに日差しから身を守る対策をすること。

せっかく遮光率・UVカット率100%の日傘を購入しても、扱いづらく結局使わなくなってしまえば意味がありません。

数値が少し下がったとしても、手軽に持ち運べて毎日欠かさずに使えるものの方が効果を得ることができるでしょう。

あまり荷物を増やしたくない・軽い日傘が良い、という人は遮光率・UVカット率99.9%の日傘も検討してみてくださいね。

日傘の遮光率・UVカット率100のメリット

遮光率・UVカット率100%のメリットは、なんといっても光をカットする効果の高さです。

すでにご説明した通り、99.9%と100%の日傘では可視光線や紫外線を遮る力が大きく違います。

特に日差しの強い夏場は少しの外出でも肌には大きな負担です。

遮光率・UVカット率100%の日傘は比較的重みのあるものが多いですが、これも確実に光を遮るため。

本格的な日焼け対策をしたい人や紫外線アレルギーがある人などは、持ち運びに少し不便があっても遮光率・UVカット率100%の日傘を選ぶと良いでしょう。

遮光率・UVカット率100ではないけれど…軽量おすすめ日傘

出典:楽天市場

紫外線の強さが年々大きな問題になっていることに合わせ、現在日傘はさまざまな種類のものが販売されています。

その中でも遮光率・UVカット率99.9%のものは軽くて扱いやすく、毎日の持ち運びにピッタリな商品がたくさん!

コンパクトに持ち歩けるおすすめの日傘をご紹介します。

【ポケフラット サンシェイド】

出典:楽天市場

【ポケフラット サンシェイド】は遮光率・UVカット率99.9%の日傘の大きなメリットであるコンパクトさを感じられるのがこちらの商品です。

重量はたったの200g、そして厚みはなんと2.5cm。

女性の小さめバッグはもちろん、ジャケットの内ポケットなどにも入ってしまうサイズ感となっています。

また晴雨兼用のため、これ1本でいろんな天気に対応できる点もポイントですよ。

価格もお手頃なので、初めて日傘を買う人にもピッタリの商品と言えそうですね♪

【オーガニックシェード】

出典:楽天市場

【オーガニックシェード】は折りたたみ傘と長傘のメリットを両立した構造となっているのが、こちらの日傘の大きな特徴となっています。

通常の折り畳み傘のように小さくまとめることもできますが、持ち手の溝に露先が収まるようになっているため畳まずに持ち運ぶことが可能なんです。

屋内から出たり入ったりする時、日傘をいちいち畳むのは面倒だけど邪魔になるため仕方なく畳んだりすることがありますよね。

またこちらは晴雨兼用の傘のため雨の日でも使えますが、濡れた傘をバッグにしまうのは抵抗がある人も多いと思います。

そんな時に畳まず持ち歩ける日傘は、毎日の使用でかなり便利さを感じられるでしょう。

高級感たっぷりのデザインも高ポイントですよ♪

【Nadas 日傘】

出典:楽天市場

【Nadas 日傘】の大きな特徴は自動開閉機能です。

折り畳み傘を使ったことのある人の中には、傘を閉じてきれいに畳むのが手間だと感じている人もいるのではないでしょうか。

慌ただしい朝や人混みのある場所では特に煩わしく感じてしまいます。

こちらの日傘はワンタッチで開閉できるので、どんな時でもスマートに傘を使うことが可能です。

日傘は毎日使うものなので、日々の小さな手間が解消されるのは嬉しいですね!

晴雨兼用なので、晴れの日も雨の日も快適に使うことができますよ。

遮光率・UVカット率100の人気おすすめ日傘

出典:楽天市場

太陽の光や紫外線から確実に肌を守りたい人にピッタリな遮光率・UVカット率100%の日傘ですが、どんな商品が人気なのでしょうか。

こちらもお手頃の価格で気軽に使えるものから頑丈な作りで長く使えるものまで、いろんなタイプの商品が揃っています。

ブランド別に紹介しますので、自分に合ったものを探してみてくださいね。

【WPC】

WPCはデザインだけでなく、機能性にもこだわった日傘を取り揃えています。

お手頃価格で圧倒的なバリエーションで選ぶ楽しみもありますよ(^^)♪

さまざまな長傘や折りたたみ傘があるので、自分にあった日傘を見つけられるでしょう。

【UVO(ウーボ)】

出典:楽天市場

【UVO(ウーボ)】は「最強の日傘」と紹介されているほど高い性能を持つ日傘です。

遮光率・UVカット率100%はもちろん、UPF評価50+を取得しており、紫外線対策はバッチリ。

木陰にいるような涼しさを感じられるそうですよ!

さらに特殊な構造の生地を使用しており、大きな傷などができない限り遮光の効果は半永久的に続きます。

また、遮光率・UVカット率100%の日傘は価格が高いものが多いですが、こちらは6,600円と比較的お手頃な価格です。

性能・価格共に優秀でバランスの良い商品と言えるでしょう。

【遮光切り継ぎtiny】

出典:楽天市場

【遮光切り継ぎtiny】はとにかく小さく軽いモデルとなっています。

遮光率・UVカット率100%の日傘は厚みがあり重いものが多いですが、この日傘は重量210gで大きさも手のひらサイズとコンパクト。

形もスクエア型なので、マチの狭い小さなバッグにもすっぽり収まります。

もちろん晴雨兼用なので使い勝手抜群ですよ。

しっかりと紫外線をカットしたい、でも毎日の持ち運びもしやすい物が良い!というわがままに応えてくれる日傘です。

【IZA Type:WIND RESISTANCE】

出典:楽天市場

【IZA Type:WIND RESISTANCE】は耐風・高強度が大きな特徴の折りたたみ傘です。

折りたたみ傘はどうしても骨組みが弱く、強風が吹くと壊れてしまうものも少なくありません。

しかしこちらは特殊な骨構造にすることで、強い風を受けた時にあえて反り返る作りとなっています。

これにより中骨が折れてしまうことを防いでいるんです。

また直径93cmと大きめのサイズのため、日差しから体全体をしっかりと守ってくれます。

男性にもおすすめのサイズ感ですよ!

壊れにくい丈夫な日傘を探している人は是非検討してみてくださいね。

【サンバリア】

【サンバリア】は世界初の完全遮光傘を開発した先駆けブランドです。

長傘はサイズがS~LL、折り畳みは2段折と3段折が選べます。

自分にあったサイズを見つけることができますよ!

【2段折 moku】

出典:サンバリア

【2段折 moku】は初めての日傘におすすめ、と紹介されているのがこちらの日傘です。

外側にベルトがついているため、畳まずにベルトでまとめて持ち運んでもOKの便利な仕様となっています。

もちろん折り畳んでコンパクトにもできますよ!

骨はグラスファイバーを使用しており、錆や衝撃に強い点も大きなポイントです。

私もこの傘を使用していますが、数年使っても全く傷まず快適に使えています。

真夏以外に使用すると少し肌寒く感じるくらい、遮光性もバッチリです♪

丈夫で使いやすく性能も文句なしの理想的な日傘と言えそうですね。

【3段折 コンビ】

出典:サンバリア

【3段折 コンビ】は2段折のものより大きなタイプの日傘です。

広げた時の直径は96cmと大きく、すっぽりと体を覆ってくれますよ。

一方で3段折のため小さく折り畳むことができ、畳んだ時の直径は25cmと持ち運びしやすいサイズです。

性能についても紫外線・赤外線・可視光線全て100%カットと申し分なし。

しっかり日差し対策ができるサイズ感と持ち運びに便利な手軽さのどちらも欲しい!という人にピッタリの商品です。

【2段折 大判 無地】

出典:サンバリア

【2段折 大判 無地】は3段折よりもさらに大きな2段折の大判タイプ。

広げると直径101cmと十分な大きさです。

こちらも通常の2段折タイプと同じく外側にベルトがついていて、たたまずに持ち歩くことができます。

長傘のような安心感がありつつ不要な時は折りたたんで小さくもできるため、いろいろな使い方が可能な便利な日傘ですよ!

またこちらの日傘は大きめサイズとシンプルなデザインで男性にもおすすめ。

最近は男性でも日傘をさす人が多くなってきました。

男性の日傘デビューやプレゼントにも良さそうですね♪

【芦屋ロサブラン】ファッション性と機能性を両立

【芦屋ロサブラン】はファッション性と機能性を両立したブランドです。

長傘、折りたたみ共にサイズが豊富で、子供用のサイズもあります!

ゴルフ用やステッキと日傘が合体した日傘などさまざまなシチュエーションにあった日傘を選ぶことができますよ(^^)♪

【3段折り フリル】

出典:楽天市場

【3段折り フリル】は芦屋ロサブランの日傘で最もコンパクトな3段折タイプ。

折りたたむと直径約24cmとハンドバッグにも入る大きさです。

かばんに入れておいても気にならない軽さのため、常に持ち歩いていつでも使うことができそうですね。

繊細なフリルがエレガントな芦屋ロサブランらしいデザインも特徴です。

一方で性能も優秀で、遮光率・UVカット率100%に加えUPF50++を取得しているため紫外線から確実に肌を守ってくれます。

可愛らしい見た目ですが、安心して使えるしっかりとした作りとなっていますよ!

2段折ミドル プレーン

出典:楽天市場

【2段折ミドル プレーン】は、一般的な折りたたみ傘と同様のサイズの日傘です。

強度のある日傘は、一本一本の骨を伸ばしたり折ったりして開閉するタイプのものが主流です。

ですがこちらの日傘はロクロ(傘をまとめるパーツ部分)を上げ下げするだけで傘の開閉が可能となっています。

傘を畳む時の煩わしさがかなり軽減されそうですね!

開いた時の直径は96cm。

ロサブランの日傘は晴雨兼用ですが、こちらのタイプは雨の日でも快適に使えるサイズですよ。

【メンズサイズ プレーン】

出典:楽天市場

【メンズサイズ プレーン】は芦屋ロサブランの折りたたみ傘の中では最も大きいタイプのこちらの商品。

傘を広げると直径104cmと、普通の長傘とあまり変わらない大きさです。

もちろん雨の日でも安心して使える大きさですよ。

他の日傘とも共通する特徴ですが、傘の内側を黒色にすることで地面からの照り返しを防ぎ、下からの光も防いでくれます。

傘が大きいことで体全体が影になり、涼しさも感じやすいでしょう。

絶対に日焼けしたくない!暑さを少しでも和らげたい!という人は上からも下からも太陽光から守ってくれる、こちらの傘を検討してみてはいかがでしょうか。

日傘の99.9と100の違いまとめ

遮光率・UVカット率99.9%と100%の違いについて紹介しました。

この2種類の日傘にはそれぞれのメリットがあります。

遮光率・UVカット率99.9%
  • コンパクトで軽量なものが多い
  • 持ち運びに便利
遮光率・UVカット率100%
  • 光や紫外線をしっかり防ぐ
  • 本格的な日焼け対策や暑さ対策が可能

数字で見るとわずかな違いに見えますが、実際の光の遮り方には大きな違いがあります。

せっかく日傘を買うなら確かな性能のものが良い、という人には遮光率・UVカット率100%のものがおすすめですよ。

自分に合った日傘を手に入れて、厳しい夏を快適に過ごしてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました